ホーム > 海外旅行保険に関わるQ&A
東京海上日動「海外旅行保険」

海外旅行保険に関わるQ&A

携行品損害

航空会社の手違いによる携行品損害の対応

Q1: 海外で航空機を乗り継ぐときに預けた荷物がなくなった場合、航空会社が賠償してくれると聞いていますが、携行品損害担保特約を付帯していた時は航空会社と保険会社の両方から支払いを受けることが出来るのですか?
A1: 両方からは支払われません。
先に携行品損害保険金が支払われた場合→保険会社はお客様より航空会社に対する損害賠償請求権を譲りうけます。
先に航空会社の賠償金が支払われた場合→受けとった賠償金が損害額に足りないとき、その差額が携行品損害保険金の対象となります。

現金盗難

Q2: 海外旅行中スーツケース(新品)を盗まれました。スーツケース2万円には、みやげ品が5万円、カメラ(新品)12万円、現金3万円、その他衣類が2万円分入っていました。携行品損害担保特約として20万円契約していたのですが全額払ってくれますか?
A2: スーツケース本体2万円、おみやげ品5万円、カメラ10万円、衣類2万円の計19万円が支払われます。
現金は保険金支払いの対象とはなりません。
携行品損害補償限度額は1個、1組または1対あたり最高10万円までです。現金、小切手、各種書類等は除かれます。また、お支払いする保険金は、事故発生時点における携行品の損害額(*)をもって支払われます。(*修理費または購入費から減価償却した時価額のいずれか低い方をいい、運転免許証については再発給手数料、旅券については5万円を限度に再取得費用(現地にて負担した場合に限ります。交通費、宿泊費も含みます。)をいいます。)従って旅行開始前にご購入されていたものは減価償却の上、時価額を算出することになっています。

紛失、置き忘れは補償されるか

Q3: 航空機を降りる際、うっかりして、持っているカメラを置き忘れたので、すぐに引き返したがすでに無くなっていた。このような置き忘れは保険金支払いの対象となりますか?
A3: 荷物の紛失や置き忘れた場合、保険金は支払われません。ただし、明らかに盗難と推測され、現地警察署または第三者(添乗員、ホテル等)の事故証明がある場合盗難と判断させて頂く場合がありますので、ご相談ください。

携行品における身の回り品

Q4: 携行品損害の対象とならない身の回り品は具体的に何がありますか?
A4: 保険の対象は、被保険者が旅行行程中に携行する被保険者の所有の身の回り品に限ります。従って業務の為携行する商品見本等は対象となりません。また、現金・クレジットカード、コンタクトレンズ、定期券等は除かれます。(パスポート(※)等は対象となります。)
※支払対象となるのは、在外公館の領事官に納付した再発給手数料等であり、日本帰国後に再取得した費用は対象となりません。

携行品損害担保特約に含まれないものは

Q5: 携行品損害で保険の対象に含まれないものにはどんなものがありますか?
A5: 携行品損害担保特約第4条(3)より、下記のものは含まれません。
  1. 通貨、小切手、株券、手形その他の有価証券、印紙、切手その他これらに準ずる物。ただし、鉄道・船舶・航空機の乗車船券・航空券(定期券は除きます。)、宿泊券、観光券および旅行券についてはこの限りではありません。
  2. 預金証書または貯金証書(通帳および現金自動支払機用カードを含みます。)、クレジットカード、運転免許証(自動車等の運転免許証を除きます。)、その他これらに類する物。ただし、旅券については保険の対象に含みます。
  3. 稿本、設計書、図案、帳簿その他これらに類する物
  4. 船舶(ヨット、モーターボートおよびボートを含みます。)、自動車、原動機付自転車およびこれらの付属品
  5. 被保険者が携行品損害担保特約別表に掲げる運動等を行っている間のその運動等のための用具およびウィンドサーフィン、サーフィンその他これらに類する運動を行うための用具
  6. 義歯、義肢、コンタクトレンズその他これらに類する物
  7. 動物および植物
  8. 商品もしくは製品等または業務の目的のみに使用される設備もしくは什器
  9. データ、ソフトウエアまたはプログラム等の無体物
  10. その他保険証券記載の物

手荷物一式が盗難にあったので自費で再び購入した

Q6: 海外旅行中、ホテルの中で、手荷物一式が盗難にあった。やむなく身の回り品を購入したが、その後、盗難にあった手荷物が無事に発見されました。この場合、身の回り品の購入代金は支払われますか?
A6: 支払われません。
携行品損害担保特約は、保険の対象である携行品に実際に損害が発生したため、その修理費用ないしは全損による保険価額(時価)を支払うものです。本設問のように発見された手荷物に結果として何の損害もない場合は、残念ながら保険金支払いの対象とはなりません。仮に発見された手荷物が損害をうけていた(全損ないしは分損)場合には、所定の計算方式により保険金を支払います。

パスポートの盗難は

Q7: 海外旅行中、パスポートを盗難されてしまった。やむなく、現地の在外公館で急ぎ再発給してもらったが、かかった費用は支払われますか?
A7: 支払われます。
携行品損害担保特約第5条(7)では旅券の再取得費用に要した次の費用のうち1回の事故につき合計で5万円を限度として支払われるとされてます。
  1. 保険事故の生じた地から再発給を受ける最寄りの在外公館所在地(以下「旅券再発給地」といいます。)へ赴く被保険者の交通費。
  2. 領事官に納付した再発給手数料および電信料。
  3. 旅券再発給地における被保険者の宿泊施設客室料。
| 東京海上日動海外旅行保険インターネット契約サービスのトップページに戻る | 万が一に備えて | 安心のサービス内容 | 保険料例 |
| 補償内容 | お申し込み | 会社案内 | 勧誘方針 | プライバシーポリシー | 留学保険 | 長期海外旅行保険

お問い合わせ先・取扱代理店:株式会社ライフケア 〒141-0021東京都品川区上大崎3-9-20-303
TEL:03−6277−2547 FAX:03−6277−2548
引受保険会社:東京海上日動火災保険株式会社